妊婦が食べてはいけない注意するべき食べ物とは!?

2014y08m26d_234921600

 

妊婦さんは、栄養バランスをしっかりと考えて必要な栄養を摂取しなくてはなりません。ですが、何が良くて何が悪いのかと聞かれると、どうなんだろうと疑問に思う事も多いと思います。今回は、妊婦が食べてはいけない注意すべき食べ物について見ていきましょう。

妊婦さんが摂ると危険な食べ物って何がある?
妊婦になると摂取するのに気を付けなくてはならない食べ物がいくつかあります。どのような食べ物に注意すべきか知っておくことは、健康で元気な赤ちゃんを産むためにはとても大切な事です。
生の肉や魚
生の状態だと、ウイルスなどがいた場合食中毒になる恐れがあります。妊娠中は、免疫力が低下しているので、もしウイルスがいた場合感染しやすくなります。なので、しっかり火を通しウイルスを死滅させた状態で食べるようにしましょう。
生卵
こちらも肉や魚と同じく食中毒の恐れがあります。注意すべきは卵の殻でそこにサルモネラ菌が付着している場合がありそれが原因で下痢や吐き気、熱などがでる場合があります。直接胎児に影響がある訳ではないですが、下痢や腹痛などで子宮が収縮してしまうと流産などの危険があるので気を付けなくてはいけません。
チーズ
チーズには、リステリア菌という細菌が存在しており、妊婦さんは普通の人と比べ20倍近く感染しやすくなるそうです。こちらの菌は、妊婦さんが感染すると胎盤を通じて赤ちゃんにも感染するとても怖い菌です。早産や死産などの原因となるので妊娠中はチーズの摂取は控えましょう。

このように、普段当たり前のように食べているものでも、妊娠中は食べてしまうと菌に感染し自分の体や胎児に影響を与えてしまいます。しっかりと気を付けて食事をするようにしてくださいね。

妊婦

大麦若葉を摂るとお腹がゆるくなるのは何故?

2014y08m26d_234624646

 

青汁に含まれている大麦若葉には、食物繊維などのお通じに効果的な成分が多く入っています。しかし、摂取の仕方を間違えてしまうと、下痢のような症状を起こしやすくなる場合があります。うまく取り入れて日々の健康のサポートに活用したいものですね。今回は、大麦若葉でお腹が緩くなる原因について見ていこうと思います。

大麦若葉でお通じが良くなる理由
大麦若葉には、排便を促す食物繊維が豊富に含まれています。日々の栄養不足解消はもちろん、便秘気味という方にもオススメです。食物繊維を一日に必要な分摂取するには野菜や食べ物から摂取するのは難しいものです。
そんな時に役立つのが、大麦若葉の成分が入った青汁です。しかし、摂取のしすぎは禁物です。

摂取のしすぎは下痢の原因となる場合も
いくら体に良いものと言っても、過剰摂取はいけません。過剰摂取してしまうと、お腹が緩くなり下痢のような症状を起こす場合があります。なので、大麦若葉を始め健康食品などを摂取する場合は適度に摂取するよう心がけてください。
大麦若葉などは青汁として摂取することが多いので、食事の時にコップ一杯分程度飲むくらいがちょうどいいと思います。
飲み過ぎると、腸内が今まで以上に活発に活動するのでそれが原因でお腹が緩くなってしまうという訳です。なので、大麦若葉を摂取するときは、一日分の量を考えて飲んで下さいね。どんなに健康にいいものも過剰摂取は体に毒という事をしっかり覚えておいてください。

今回は、大麦若葉とお腹が緩くなる原因についてまとめました。体に良いものも多く摂取するのではなく一日の適量を守って毎日摂取していくことが大切なのです。

大麦若葉は利尿作用があるので腎臓が悪い人は注意!

2014y08m26d_234403928

 

大麦若葉は、栄養豊富で青汁の原料などによく使用されています。大麦若葉を含んだ青汁は利尿効果もありナトリウムの摂り過ぎなどで肝臓に負担をかけている方にオススメです。一方で、腎臓には負担になる場合があるので今回は、大麦若葉と利尿作用の関係、利尿作用と腎臓の関係について見ていこうと思います。

大麦若葉の摂取と利尿作用
大麦若葉には、利尿作用を促すカリウムが豊富に含まれています。そのため、大麦若葉の入った青汁などを飲むと、尿から毒素を排出してくれます。毎日の食事のサポートに一杯程度取り入れることでより健康的な毎日を送ることができると思います。腹側な食生活をしている方は、いつもの食事にプラスして大麦若葉の青汁を飲んでみてはいかがでしょう?

利尿作用と腎臓の関係
大麦若葉には利尿作用を促す効果があります。尿は腎臓で作られており、その機能が低下したり病気に侵されていたりすると尿がうまく作られない場合があります。そのような状態で利尿作用のある大麦若葉を摂取してしまうと腎臓に大きな負担がかかる場合があります。なので、大麦若葉をはじめ利尿作用を促すカリウムが豊富に含まれたものを摂取する場合は、腎臓の状態が健康な時に行いましょう。特に異常がない場合は、取り入れることにより健康をサポートしてくれる大きな味方となってくれると思いますよ。

このように、大麦若葉の利尿作用と腎臓との関係を見ていきましたが、いかがだったでしょうか?大麦若葉は、生活習慣病の予防などもできる優れた成分をたくさん持ったものです。うまく取り入れて健康的な毎日をおくりませんか?

 

青汁は妊婦が飲むと危険があるの?

2014y08m26d_233808385

 

妊婦さんは体調にとても注意が必要です。体調を崩してしまうと、自分だけでなく胎児にも影響を与えてしまう恐れがあるからです。体調を崩さないためにも、健康的な体で居たいものです。そのためには一日に必要な栄養素をしっかりと補給したいと思う方も多いと思います。そんな妊婦さんにも飲めて手軽に栄養補給ができるものに青汁があります。今回は、この青汁について詳しく見ていこうと思います。

妊婦さんは青汁を飲んでも大丈夫?
妊婦さんは、体調を崩さないためにしっかりとした栄養補給が必要です。しかし、食べ物だけで一日分の必要量を摂取と言ってもかなり大変なものです。しかし、そんな時に役立つ飲み物があります。それが青汁です。青汁には、野菜の成分がギュッと詰まっておりビタミンやミネラルなどがしかり補給できます。薬などは使われていないので身体に害が出ることもありません。なので妊婦さんが飲んでも問題はありません。

飲むタイミングは「健康なとき」から
野菜の栄養は、私たちの体を丈夫にしてくれる成分も多く含まれています。なので、健康状態を整え元気を維持するのにとても役立ちます。飲むタイミングも、風邪気味なときより健康なときから摂取することで、体調を崩しにくくなります。なので、青汁で栄養補給を考えている方は、健康なときから摂取を始めるのがオススメです。
大丈夫かな?と心配に思う方は担当のお医者さんに相談してみるのもいいと思いますよ。

健康だからと言って飲み過ぎは危険?
体調もいいしこれなら何杯でも飲めそう、そう思ってもたくさん飲み過ぎてはいけません。摂取のしすぎはお腹を緩くする原因となり下痢のようになる危険があります。なので、青汁だけで栄養補給を考えるのではなく、いつもの食事+青汁と言った感じで、不足を補う程度に飲むのがオススメです。体に良いものも取りすぎると体に毒となる場合もあるので気を付けてくださいね。

このように、青汁は健康なときから摂取し、食事の補助として適度に取り入れることが健康維持と栄養不足の対策に効果的です。

 

妊婦

大麦若葉の簡単な育て方とは?

2014y02m10d_012143854

 

大麦若葉は、豊富な栄養素を含んでおり
野菜不足な体にたっぷりと栄養を補給してくれます。

買って飲むのも良いけど、自分で作れないのかな?

と思う方もいらっしゃるかと思います。
大麦若葉も、もやしなどのように自分の家で栽培することができるのです。
土なども準備せずにボウルとザルと3センチから5センチ程度の深さのある入れ物があれば
家で簡単に育てることができます。

ザルに麦を撒いて芽が出るまでザルの中で育てます。
この際、水やりをしたときにちゃんと水が切れるように
ザルの下にボウルを置いて育てます。
ある程度芽が出てきたらザルから取り出し
3センチ~5センチくらいの深さがある入れ物に移します。
この時に移す入れ物は
タッパーやいちごのパックなどでも大丈夫です。

身近にある少しそこの深いものであれば問題ありません。

 

ただし、紙でできた入れ物は水やりの際に
ふにゃふにゃになってしまうので、気を付けましょう。
牛乳パックであれば問題ありません。
発芽した芽を移したら水やりは霧吹きなどで行いましょう。

芽が出た状態だと、まだバラバラしているので水を切る時に大変なためです
。芽が伸び周りとからみついて来れば水を切ってもバラバラになりません。
これくらいの状態になったら暗闇で育てていきます。
育った若葉は収穫し絞って飲むこともできますよ。
育てる際は、カビに気を付けてくださいね。

適度な温度と湿度があるとカビが発生してしまう事があるので
そこには十分注意して栽培してみて下さい。
家でも簡単に作れるので試してみて下さいね。

中高年には怖い高血圧は大麦若葉が効果絶大!

2014y02m10d_011605929

 

中高年になってくるといろいろ気になることが出てきますよね。
中でも、高血圧などは早めに早期発見して対策・予防する必要があります。

大麦若葉は、中高年に多い高血圧にとても効果があるものです。
主に青汁として摂取する場合が多い大麦若葉ですが
その効果は私たちが想像している以上かもしれません。
大麦若葉には、血中コレステロールの値を下げる効果や
代謝を上げ悪玉コレステロールなどの脂質を体外へ排出させるといった効果があります。

大麦青菜に含まれるヘクサコシルアルコールという物質が
腸管からコレステロールの吸収を抑制する効果があります。

他にも。高コレステロール値患者の
治療薬として使われている成分も含んでいるためとても効果があるのです。
そして、高血圧の予防にはカリウムが豊富なものを摂取することが勧められています。
そこで役に立つのが、大麦若葉の青汁です。

青汁には豊富な天然カリウムが含まれており
これを摂取することでナトリウムの排出を促し高血圧の予防になるのです。
大麦若葉には、食物繊維も豊富に含まれています。
食物繊維は、便秘に効果があるものとして知られていますが
高血圧にも効果を発揮してくれます。

食物繊維は、体内にある悪玉コレステロールなどの脂質を吸収し
体外へ出してくれる他、善玉菌コレステロールの養分となり
数を増やしてくれる効果もあるそうです。

善玉コレステロールが増えることによって体内に流れる血液がサラサラになります。

このように大麦青菜には、高血圧に役立つ多くの成分を含んでいるのです。

 

大麦若葉の青汁はカフェインが含まれている!?

2014y02m10d_011049236

 

健康にいいとされている大麦若葉の青汁。
しかし、中にはカフェインが含まれているのではないか?
と不安に思う方もいるようです。
カフェインと言うと、コーヒーやお茶などに含まれている成分です。
興奮作用があり眠れなくなったり、利尿作用を促したりする効果などがあります。

適度に飲む場合は、目を覚ましてくれたり
大腸がんや胃がんの原因となるピロリ菌を除去してくれたりするなどの効果もあり
予防にいいと言われているようです。
しかし、短時間の過度な摂取は死の危険があると言われています。
適度な量を守って摂取することが大切です。
大麦若葉の青汁にもカフェインが含まれているものがあるそうです。
とは言っても、微量でほとんど入っていないものが多いそうです。

大麦若葉が使用されている健康食品から検出されるカフェインの量は
ほとんどないものから100gあたりコーヒーの1/3、緑茶と同じくらいなど
種類によっても違うみたいです。
過度な摂取でない場合、そこまで気にすることはないそうです
もし、カフェインが気になるという方は
朝やお昼など起きて作業する前などに飲むといいでしょう。

寝る前に飲んでしまうと眠れなくなる原因となってしまいます。

どうしても夜に飲みたい場合は、摂取を控えたり
牛乳で割って飲んだりするなど気を付けるといいと思います。
大麦若葉の青汁に含まれているカフェイン程度であれば
不眠症などの副作用を起こす場合は少ないので
一日一杯程度の量であれば問題なく摂取できるでしょう。

大麦若葉を大量摂取すると起こる副作用とは!?

2014y02m10d_010537994

 

健康やダイエットにいい「大麦若葉」。

過剰摂取により副作用があるものなのか調べてみました。

まず始めに、大麦若葉には豊富な食物繊維・ビタミン・ミネラルと言った
体に良い成分がたくさん含まれています。
これらの働きにより便秘解消、生活習慣病の予防など様々な効果を得ることができます。
大麦若葉は、基本的にアレルギーを持った方以外であれば
基本的に副作用は起きないそうです。

ただし規定量を超える過剰な量を取ってしまう事で
お腹が緩くなり下痢のような症状を起こしてしまう危険があります。
なので、規定量を守って正しく飲むようにしましょう。
妊娠中や授乳中の方は、体がデリケートな状態なので
大麦青葉を摂取する場合は
まずお医者さんに相談してから飲むかどうかを決めることが大切です。

そして飲んでも良いからと言って過剰摂取はしないようにしてくださいね。
大麦若葉はダイエットにも効果的ですが
あくまでも食生活のバランスを補う事を目的として
使う事が好ましいものなのでダイエットを目的としてだけに摂取するのは
控えた方がいいでしょう。
そして、過剰摂取の際冷たい状態だと
さらにお腹の調子を悪くしてしまう原因となってしまう事があるので
温度にも気を付けて摂取してください。
大麦若葉の中には、ビタミン・ミネラル・酵素と言った熱に弱い成分が含まれています。
熱に弱いと言ってもこれは80度以上を指すので
ぬるま湯くらいの温度であれば問題ないようです。

なので、飲む際は少し温めたお湯やミルクに混ぜて飲むのが良いみたいです。
健康をサポートしてくれる大麦若葉を正しい量で摂取して、元気に毎日を過ごしませんか?

 

大麦若葉でダイエットできた人の効果とは!?

2014y02m10d_005911444

 

大麦若葉は栄養素が豊富で
さらにダイエットにも効果を発揮してくれるという事で最近注目されています。

豊富な食物繊維やビタミン・ミネラルと言った
私たちの体に毎日必要な栄養素がたっぷり詰まっています。

そのため、健康を維持しながらダイエットできたという方がたくさんいるみたいです。
大麦若葉は、青汁として摂取する場合が多いのですが
一般的なケールを使った青汁と比べると
独特の青臭さがなくさっぱりとした味で飲みやすいものとなっています。
食物繊維が豊富に含まれていることにより
腸内環境を整えてくれるのでポッコリお腹などを解消してくれるでしょう。

便秘解消の効果があるので体内に溜まった老廃物もしっかり外に出すことができます。
老廃物を排出することで、便秘はもちろんのことむくみも一緒に解消してくれます。

新陳代謝も上げてくれるので、それにより脂肪が燃えやすくなりますよ。
新陳代謝を上げるといった効果に役立つ成分として
大麦若葉に含まれるビタミンB1とビタミンCなども挙げられます。

これらには新陳代謝を上げるほか
お肌のターンオーバーを正常にするといった効果もあります。

なので、ダイエットと同時に美肌効果も得られるのです。
その他、カテキンも含まれており体脂肪率を下げたり
血中コレステロールを下げてくれたりする役割があります。
それにより、血液がサラサラになる。生活習慣病の予防になる。
といった効果もあるのです。

このように、大麦若葉には
ダイエットに必要な様々な成分が豊富に含まれており
しっかり栄養を取りながらダイエットができるのです。

大麦若葉の青汁は妊婦が飲み過ぎると危険!?

2014y02m10d_005518143

 

 

大麦若葉の成分が入った青汁は栄養素が豊富に含まれているので
栄養が不足しがちな妊婦さんにもお勧めです。

しかし、飲み方を誤ると危険な場合があります。
まず始めに、先ほども述べましたが大麦若葉には栄養分が豊富に含まれています。
なので、いくら飲んでも体に良い。
と思ってしまうかもしれませんが飲みすぎには注意が必要です。

いくら体に良いからと言って飲み過ぎてしまっては
逆に体に悪影響を及ぼしてしまう場合があるのです。

薬などの場合は一日何粒までと言ったように一日分の使用量が書かれています。

 

でも、青汁は薬ではないため特に一日これだけという量は決められていません。

 

 

書かれているのは大体の目安のため、ついつい飲み過ぎてしまうという事が起きるようです。
ちなみに飲み過ぎてしまうと、お腹が緩くなります。
これは大麦若葉の青汁に食物繊維が豊富に含まれているためです。

食物繊維には、お通じを良くする効果があります。
それに加え水溶性ビタミンというものがあり
水に溶けやすく体外に排出されやすいという効果があるため相乗効果により
お腹がさらに緩くなり下痢のような症状を起こす場合があります。
そして飲み過ぎによりお腹が冷えてしまうこともあるので気を付けてくださいね。

さらに気を付けてほしいことがあります
青汁を摂取しすぎてカリウム過多になってしまうと流産につながる危険があります。

ですので、青汁の過剰摂取には控え自分の体調に合った量を見つけながら飲むようにしましょう。適量であれば、不足している栄養素を補ってくれる大きな味方になってくれますよ

 

 大麦若葉が含まれていない青汁はこちら!

 

妊婦