大麦若葉の簡単な育て方とは?

2014y02m10d_012143854

 

大麦若葉は、豊富な栄養素を含んでおり
野菜不足な体にたっぷりと栄養を補給してくれます。

買って飲むのも良いけど、自分で作れないのかな?

と思う方もいらっしゃるかと思います。
大麦若葉も、もやしなどのように自分の家で栽培することができるのです。
土なども準備せずにボウルとザルと3センチから5センチ程度の深さのある入れ物があれば
家で簡単に育てることができます。

ザルに麦を撒いて芽が出るまでザルの中で育てます。
この際、水やりをしたときにちゃんと水が切れるように
ザルの下にボウルを置いて育てます。
ある程度芽が出てきたらザルから取り出し
3センチ~5センチくらいの深さがある入れ物に移します。
この時に移す入れ物は
タッパーやいちごのパックなどでも大丈夫です。

身近にある少しそこの深いものであれば問題ありません。

 

ただし、紙でできた入れ物は水やりの際に
ふにゃふにゃになってしまうので、気を付けましょう。
牛乳パックであれば問題ありません。
発芽した芽を移したら水やりは霧吹きなどで行いましょう。

芽が出た状態だと、まだバラバラしているので水を切る時に大変なためです
。芽が伸び周りとからみついて来れば水を切ってもバラバラになりません。
これくらいの状態になったら暗闇で育てていきます。
育った若葉は収穫し絞って飲むこともできますよ。
育てる際は、カビに気を付けてくださいね。

適度な温度と湿度があるとカビが発生してしまう事があるので
そこには十分注意して栽培してみて下さい。
家でも簡単に作れるので試してみて下さいね。

中高年には怖い高血圧は大麦若葉が効果絶大!

2014y02m10d_011605929

 

中高年になってくるといろいろ気になることが出てきますよね。
中でも、高血圧などは早めに早期発見して対策・予防する必要があります。

大麦若葉は、中高年に多い高血圧にとても効果があるものです。
主に青汁として摂取する場合が多い大麦若葉ですが
その効果は私たちが想像している以上かもしれません。
大麦若葉には、血中コレステロールの値を下げる効果や
代謝を上げ悪玉コレステロールなどの脂質を体外へ排出させるといった効果があります。

大麦青菜に含まれるヘクサコシルアルコールという物質が
腸管からコレステロールの吸収を抑制する効果があります。

他にも。高コレステロール値患者の
治療薬として使われている成分も含んでいるためとても効果があるのです。
そして、高血圧の予防にはカリウムが豊富なものを摂取することが勧められています。
そこで役に立つのが、大麦若葉の青汁です。

青汁には豊富な天然カリウムが含まれており
これを摂取することでナトリウムの排出を促し高血圧の予防になるのです。
大麦若葉には、食物繊維も豊富に含まれています。
食物繊維は、便秘に効果があるものとして知られていますが
高血圧にも効果を発揮してくれます。

食物繊維は、体内にある悪玉コレステロールなどの脂質を吸収し
体外へ出してくれる他、善玉菌コレステロールの養分となり
数を増やしてくれる効果もあるそうです。

善玉コレステロールが増えることによって体内に流れる血液がサラサラになります。

このように大麦青菜には、高血圧に役立つ多くの成分を含んでいるのです。

 

大麦若葉の青汁はカフェインが含まれている!?

2014y02m10d_011049236

 

健康にいいとされている大麦若葉の青汁。
しかし、中にはカフェインが含まれているのではないか?
と不安に思う方もいるようです。
カフェインと言うと、コーヒーやお茶などに含まれている成分です。
興奮作用があり眠れなくなったり、利尿作用を促したりする効果などがあります。

適度に飲む場合は、目を覚ましてくれたり
大腸がんや胃がんの原因となるピロリ菌を除去してくれたりするなどの効果もあり
予防にいいと言われているようです。
しかし、短時間の過度な摂取は死の危険があると言われています。
適度な量を守って摂取することが大切です。
大麦若葉の青汁にもカフェインが含まれているものがあるそうです。
とは言っても、微量でほとんど入っていないものが多いそうです。

大麦若葉が使用されている健康食品から検出されるカフェインの量は
ほとんどないものから100gあたりコーヒーの1/3、緑茶と同じくらいなど
種類によっても違うみたいです。
過度な摂取でない場合、そこまで気にすることはないそうです
もし、カフェインが気になるという方は
朝やお昼など起きて作業する前などに飲むといいでしょう。

寝る前に飲んでしまうと眠れなくなる原因となってしまいます。

どうしても夜に飲みたい場合は、摂取を控えたり
牛乳で割って飲んだりするなど気を付けるといいと思います。
大麦若葉の青汁に含まれているカフェイン程度であれば
不眠症などの副作用を起こす場合は少ないので
一日一杯程度の量であれば問題なく摂取できるでしょう。

大麦若葉を大量摂取すると起こる副作用とは!?

2014y02m10d_010537994

 

健康やダイエットにいい「大麦若葉」。

過剰摂取により副作用があるものなのか調べてみました。

まず始めに、大麦若葉には豊富な食物繊維・ビタミン・ミネラルと言った
体に良い成分がたくさん含まれています。
これらの働きにより便秘解消、生活習慣病の予防など様々な効果を得ることができます。
大麦若葉は、基本的にアレルギーを持った方以外であれば
基本的に副作用は起きないそうです。

ただし規定量を超える過剰な量を取ってしまう事で
お腹が緩くなり下痢のような症状を起こしてしまう危険があります。
なので、規定量を守って正しく飲むようにしましょう。
妊娠中や授乳中の方は、体がデリケートな状態なので
大麦青葉を摂取する場合は
まずお医者さんに相談してから飲むかどうかを決めることが大切です。

そして飲んでも良いからと言って過剰摂取はしないようにしてくださいね。
大麦若葉はダイエットにも効果的ですが
あくまでも食生活のバランスを補う事を目的として
使う事が好ましいものなのでダイエットを目的としてだけに摂取するのは
控えた方がいいでしょう。
そして、過剰摂取の際冷たい状態だと
さらにお腹の調子を悪くしてしまう原因となってしまう事があるので
温度にも気を付けて摂取してください。
大麦若葉の中には、ビタミン・ミネラル・酵素と言った熱に弱い成分が含まれています。
熱に弱いと言ってもこれは80度以上を指すので
ぬるま湯くらいの温度であれば問題ないようです。

なので、飲む際は少し温めたお湯やミルクに混ぜて飲むのが良いみたいです。
健康をサポートしてくれる大麦若葉を正しい量で摂取して、元気に毎日を過ごしませんか?

 

大麦若葉でダイエットできた人の効果とは!?

2014y02m10d_005911444

 

大麦若葉は栄養素が豊富で
さらにダイエットにも効果を発揮してくれるという事で最近注目されています。

豊富な食物繊維やビタミン・ミネラルと言った
私たちの体に毎日必要な栄養素がたっぷり詰まっています。

そのため、健康を維持しながらダイエットできたという方がたくさんいるみたいです。
大麦若葉は、青汁として摂取する場合が多いのですが
一般的なケールを使った青汁と比べると
独特の青臭さがなくさっぱりとした味で飲みやすいものとなっています。
食物繊維が豊富に含まれていることにより
腸内環境を整えてくれるのでポッコリお腹などを解消してくれるでしょう。

便秘解消の効果があるので体内に溜まった老廃物もしっかり外に出すことができます。
老廃物を排出することで、便秘はもちろんのことむくみも一緒に解消してくれます。

新陳代謝も上げてくれるので、それにより脂肪が燃えやすくなりますよ。
新陳代謝を上げるといった効果に役立つ成分として
大麦若葉に含まれるビタミンB1とビタミンCなども挙げられます。

これらには新陳代謝を上げるほか
お肌のターンオーバーを正常にするといった効果もあります。

なので、ダイエットと同時に美肌効果も得られるのです。
その他、カテキンも含まれており体脂肪率を下げたり
血中コレステロールを下げてくれたりする役割があります。
それにより、血液がサラサラになる。生活習慣病の予防になる。
といった効果もあるのです。

このように、大麦若葉には
ダイエットに必要な様々な成分が豊富に含まれており
しっかり栄養を取りながらダイエットができるのです。

大麦若葉の青汁は妊婦が飲み過ぎると危険!?

2014y02m10d_005518143

 

 

大麦若葉の成分が入った青汁は栄養素が豊富に含まれているので
栄養が不足しがちな妊婦さんにもお勧めです。

しかし、飲み方を誤ると危険な場合があります。
まず始めに、先ほども述べましたが大麦若葉には栄養分が豊富に含まれています。
なので、いくら飲んでも体に良い。
と思ってしまうかもしれませんが飲みすぎには注意が必要です。

いくら体に良いからと言って飲み過ぎてしまっては
逆に体に悪影響を及ぼしてしまう場合があるのです。

薬などの場合は一日何粒までと言ったように一日分の使用量が書かれています。

しかし、青汁は薬ではないため特に一日これだけという量は決められていません。
書かれているのは大体の目安のため、ついつい飲み過ぎてしまうという事が起きるようです


ちなみに飲み過ぎてしまうと、お腹が緩くなります。
これは大麦若葉の青汁に食物繊維が豊富に含まれているためです。

食物繊維には、お通じを良くする効果があります。
それに加え水溶性ビタミンというものがあり
水に溶けやすく体外に排出されやすいという効果があるため相乗効果により
お腹がさらに緩くなり下痢のような症状を起こす場合があります。
そして飲み過ぎによりお腹が冷えてしまうこともあるので気を付けてくださいね。

さらに気を付けてほしいことがあります
青汁を摂取しすぎてカリウム過多になってしまうと流産につながる危険があります。

ですので、青汁の過剰摂取には控え自分の体調に合った量を見つけながら飲むようにしましょう。適量であれば、不足している栄養素を補ってくれる大きな味方になってくれますよ。

妊婦

青汁に入っているケールと大麦若葉の違いとは!?

2014y02m10d_004801950

 

 

青汁にはいろいろな種類があります。

使われている原料にケールと大麦若葉というものがありますが
今回はこれらの違いについて見ていきましょう。
ケールと大麦若葉には大きく分けて2つの違いがあります。
まずは「味」です。

ケールの青汁は、青汁独特と言っていい青臭さとクセがあります。
一般的に思っている青汁という感じでしょうか?

苦くて飲むのを躊躇うあの感じです。
一方で大麦若葉には青汁独特の青臭さやクセが無く
子供でも飲むことができるそうです。

大麦若葉には酵素が含まれているため
飲むときは冷たい状態で飲みましょう。
続いては、「栄養素」です。

ケールは、ビタミン・ミネラル・酵素・フラボノイドなどの栄養素を含んでおり
生活習慣病予防や老化を抑制する効果があります。

さらに、ケールに含まれるルテインやビタミンEは
目の健康を促す効果があるのです。

カルシウムなども多く含まれているので歯や骨も丈夫にしてくれますよ。
大麦若葉は、ビタミン・ミネラル・食物繊維を多く含んでいます。
生活習慣病の予防やダイエット・肌荒れといった症状に効果があります。

大麦若葉には抗酸化作用に優れており
その効果を促しているものにSOD酵素と言うものがあります。
これが、老化の原因とも言われる活性酸素の毒素を消してくれるのです。
そのことで、癌を予防したりシワやシワ
くすみといった老化現象を緩めてくれたりするのです。
このように同じ青汁でも中に入っている原料の違いで効果が違ってくるのです。
青汁を飲むときは、味や効果などを知っておくことが大切です。

 

 

青汁に使われている大麦若葉にはどんな栄養素が!?

2014y02m10d_004159530

 

「大麦若葉の青汁は他の青汁と違い、味に癖がなく飲みやすい。」
と大人だけでなく子供達でも飲みやすい青汁があります。

この青汁に含まれている大麦若葉には日々の生活で
全部取るのは大変な多くの栄養素が含まれています。
各種ビタミンや、ミネラル類、酵素、食物繊維などが
それに当たり私たちの日々の健康をサポートしてくれているのです。

大麦若葉に多く含まれているビタミンB1は、疲労回復に役立ち
新陳代謝を促進する効果もあります。

そのため脂肪が燃焼しやすくなるので、ダイエットにいいと言われています。
さらに、ビタミンCも含んでおり、シミやソバガスを防ぎ
ニキビなども予防してくれる効果があります。
抗酸化作用や免疫力をアップさせてくれるといった効果もありますよ。
続いて白米の10倍以上に及ぶとも言われている食物繊維。

腸内環境を整え、便秘の予防をしてくれます。
血糖値やコレステロール値の上昇なども抑制してくれるので
生活習慣病の予防につながります。
そして大麦若葉にはこれらの栄養素の他に
クロロフィルと呼ばれる成分がありこれは殺菌や消臭の効果を持っています。
クロルフィルはビタミンCとの相乗効果でニキビを予防し
キレイな肌を保つのに役立ちます。

抗酸化作用もあるため、動脈硬化を予防したり
アンチエイジング効果を発揮したりと体の老化も予防してくれます。
このように大麦若葉は私たちの健康に必要な栄養素を豊富に含んでいるのです。
健康維持や生活習慣病の予防、お肌の対策などに大麦若葉の青汁はいかがでしょうか?

 

驚異の栄養素!大麦若葉の正体とは!?

2014y02m10d_003918086

 

大麦若葉は名前の通り、大麦を若葉の状態で摘み取ったものを言います。
主に青汁の原料などに使われており
苦味やクセが少ないことから飲みやすいと言われています。

大麦若葉の青汁は、子供でも飲むことができるくらいさっぱりとした味のようです。

豊富な栄養素を多岐にわたり含有しているので様々な病気の予防や改善に役立っています。

中でも食物繊維が豊富に含まれており、便秘の改善や生活習慣病に効果があると言われています。野菜不足でなかなか野菜を摂れないという方も

大麦若葉の成分が入った青汁を飲めば、かなり効果を得られるみたいですよ。
大麦若葉には、ビタミン各種・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・食物繊維・クロロフィル・葉酸・ミネラル・カテキン・SOD酵素と言った栄養素が含まれています。
ビタミンB1やビタミンC、新陳代謝を上げる効果があるためダイエット効果に期待でき
シミやシワの予防や改善を図るアンチエイジング効果にも優れています。

そして、カテキンは血中コレステロールを抑えるほか
抗酸化作用の働きもあるため先ほど述べたアンチエイジングの役にも立つのです。

他にも、最近注目を浴びている酵素も含まれておりこれにも抗酸化作用の働きがあるので
体内の活性酸素を除去しシミ・シワ・たるみと言った老化を防止してくれるのです。

このように、大麦若葉には豊富な栄養素が含まれており
それらは私たちの体に免疫をつけてくれたり、美肌に導いてくれたりと様々な効果があるのです。

 

大麦若葉って摂取するとどんな効果があるの?

2014y02m10d_003329775

 

大麦若葉とは、豊富な栄養を含んでおり青汁などによく入っています。
成分には、ビタミンA・ビタミンB・ビタミンC・カリウム・カルシウム・マグネシウム・ミネラル・食物繊維などがあります。

これらの豊富な成分があるため大麦若葉はとても体によく様々な効果を発揮してくれます。
ガンの予防を始め、美肌効果やアンチエイジング、便秘改善、生活習慣病の予防や改善などに役立ちます。

中でも食物繊維が豊富に含まれており便秘の改善にとても効果があるそうです。
食物繊維の量はさつまいもの20倍・キャベツの26倍・レタスの43倍にも匹敵するそうです。

便秘にお悩みの方は大麦若葉の入った青汁などを飲むのが良いかもしれませんね。
便秘解消の他にも、大腸ガンの予防もしてくれますよ。
大麦若葉は、ガン予防や生活習慣病の予防や対策にも良いものです。
ガン予防は主にビタミン類が有効のようです。

ガンの原因と言われる活性酸素の働きを大麦若葉に含まれるビタミンA・ビタミンB2・C・Eというビタミンの抗酸化作用によって弱めてくれるのです。
その他にも動脈硬化、高血圧と言った症状の予防にも役立っています。
そして、豊富なビタミンや食物繊維を摂取できる大麦若葉は
風邪予防もできる優れものです。

多くの成分を摂取できるので抵抗力がつき免疫力がアップします。
そのため風邪の引きにくい体質へ変えてくれるのです。

このように、大麦若葉に含まれる豊富な成分は
私たちの体を健康にしてくれる効果がたくさん含まれているのです。

 

効果