妊婦におすすめの青汁はこれ!

2014y10m18d_173217749

妊婦の方におすすめの青汁は「酵素青汁111選」です。

おすすめの理由ベスト5

①お値段がリーズナブル

初回500円という安さで青汁が購入できます。
2回目以降も2980円と青汁の中でも安いお値段ですね!

②粒タイプなので飲みやすい

通常の青汁は粉タイプで水に溶かして飲む方法なんですが
これは粒タイプなので、妊娠で食欲が無い人でも簡単に摂取できます。

③妊娠中の栄養不足をサポート

妊娠中の栄養不足は赤ちゃんにも影響します。
モリンガやケールなど高栄養なものが含まれています。

④ダイエットにも最適

口コミでも飲んだ翌日のスッキリ感がスゴイみたいです。

⑤青汁なのに酵素

酵素は年齢とともに少なくなっていきます。
痩せやすい体を作るために酵素も一緒に食べられます。
まとめ

重要視したのは「飲みやすさ」と「栄養素」です。
粒タイプで普通の青汁より飲みやすく
栄養素面もしっかりサポートされています。

食欲が湧かない妊婦にはどちらも重要な点かと思いました。

青汁は明日葉でも大麦若葉でも飲み過ぎるとお腹がゆるくなるので注意が必要です。
なので規定の容量をちゃんと守って飲みましょうね!

 

翌日スッキリで痩せやすい体を手に入れる!

 

妊婦

妊婦が食べてはいけない注意するべき食べ物とは!?

2014y08m26d_234921600

 

妊婦さんは、栄養バランスをしっかりと考えて必要な栄養を摂取しなくてはなりません。ですが、何が良くて何が悪いのかと聞かれると、どうなんだろうと疑問に思う事も多いと思います。今回は、妊婦が食べてはいけない注意すべき食べ物について見ていきましょう。

妊婦さんが摂ると危険な食べ物って何がある?
妊婦になると摂取するのに気を付けなくてはならない食べ物がいくつかあります。どのような食べ物に注意すべきか知っておくことは、健康で元気な赤ちゃんを産むためにはとても大切な事です。
生の肉や魚
生の状態だと、ウイルスなどがいた場合食中毒になる恐れがあります。妊娠中は、免疫力が低下しているので、もしウイルスがいた場合感染しやすくなります。なので、しっかり火を通しウイルスを死滅させた状態で食べるようにしましょう。
生卵
こちらも肉や魚と同じく食中毒の恐れがあります。注意すべきは卵の殻でそこにサルモネラ菌が付着している場合がありそれが原因で下痢や吐き気、熱などがでる場合があります。直接胎児に影響がある訳ではないですが、下痢や腹痛などで子宮が収縮してしまうと流産などの危険があるので気を付けなくてはいけません。
チーズ
チーズには、リステリア菌という細菌が存在しており、妊婦さんは普通の人と比べ20倍近く感染しやすくなるそうです。こちらの菌は、妊婦さんが感染すると胎盤を通じて赤ちゃんにも感染するとても怖い菌です。早産や死産などの原因となるので妊娠中はチーズの摂取は控えましょう。

このように、普段当たり前のように食べているものでも、妊娠中は食べてしまうと菌に感染し自分の体や胎児に影響を与えてしまいます。しっかりと気を付けて食事をするようにしてくださいね。

妊婦

青汁は妊婦が飲むと危険があるの?

2014y08m26d_233808385

 

妊婦さんは体調にとても注意が必要です。体調を崩してしまうと、自分だけでなく胎児にも影響を与えてしまう恐れがあるからです。体調を崩さないためにも、健康的な体で居たいものです。そのためには一日に必要な栄養素をしっかりと補給したいと思う方も多いと思います。そんな妊婦さんにも飲めて手軽に栄養補給ができるものに青汁があります。今回は、この青汁について詳しく見ていこうと思います。

妊婦さんは青汁を飲んでも大丈夫?
妊婦さんは、体調を崩さないためにしっかりとした栄養補給が必要です。しかし、食べ物だけで一日分の必要量を摂取と言ってもかなり大変なものです。しかし、そんな時に役立つ飲み物があります。それが青汁です。青汁には、野菜の成分がギュッと詰まっておりビタミンやミネラルなどがしかり補給できます。薬などは使われていないので身体に害が出ることもありません。なので妊婦さんが飲んでも問題はありません。

飲むタイミングは「健康なとき」から
野菜の栄養は、私たちの体を丈夫にしてくれる成分も多く含まれています。なので、健康状態を整え元気を維持するのにとても役立ちます。飲むタイミングも、風邪気味なときより健康なときから摂取することで、体調を崩しにくくなります。なので、青汁で栄養補給を考えている方は、健康なときから摂取を始めるのがオススメです。
大丈夫かな?と心配に思う方は担当のお医者さんに相談してみるのもいいと思いますよ。

健康だからと言って飲み過ぎは危険?
体調もいいしこれなら何杯でも飲めそう、そう思ってもたくさん飲み過ぎてはいけません。摂取のしすぎはお腹を緩くする原因となり下痢のようになる危険があります。なので、青汁だけで栄養補給を考えるのではなく、いつもの食事+青汁と言った感じで、不足を補う程度に飲むのがオススメです。体に良いものも取りすぎると体に毒となる場合もあるので気を付けてくださいね。

このように、青汁は健康なときから摂取し、食事の補助として適度に取り入れることが健康維持と栄養不足の対策に効果的です。

 

妊婦

大麦若葉の青汁は妊婦が飲み過ぎると危険!?

2014y02m10d_005518143

大麦若葉の成分が入った青汁は栄養素が豊富に含まれているので
成分的には妊婦さんにとって何も問題はありません。
むしろ妊娠時には青汁は飲んだ方がイイのです!

しかし、飲み方を誤ると危険な場合があります。

①お腹がゆるくなり下痢気味になる

2014y12m30d_160822622
大麦若葉には食物繊維が豊富含まれています。
便秘解消などにも効果のある成分なんですが飲み過ぎると下痢になる可能性があります。
これは1日の摂取量を超えてしまうと食物繊維が多すぎるので、便を柔らかくし過ぎてしまうのです。

食物繊維は腸内の体調を整えてくれる便利な成分なのですが摂り過ぎると逆に流産などの危険が出てきてしまうので摂取量には注意してくださいね!

②お腹が冷えてしまう

2014y12m30d_162558452
基本的にはお水か牛乳で割って飲むと思いますが、これを飲み過ぎるともちろんお腹が冷えてしまうので腹の赤ちゃんが便秘になったりするので悪影響です。
青汁はホットで飲むことも可能ですがビタミンやミネラルの中には熱により破壊してしまうものもあるので注意しましょう。
一般的に80℃以上で破壊してしまうのでぬるま湯程度のミルクなどに混ぜる分には問題は無いと思いますよ。

 

大麦若葉は過剰摂取しなければ大丈夫!

 

大麦若葉は過剰摂取しなければ妊婦さんに悪影響が出ることはほぼありません。妊娠するとお通じが悪くなったり、つわりで野菜などの栄養が摂れない場合が多いので大麦若葉を摂取した方が体には良いのです。

大麦若葉を効率的に摂取するなら「青汁」がおすすめだと思います。
簡単に作ることができ料理の手間もなく飲むだけなので
食欲が無くても摂取することができるんです。

なんでもそうですが体に良いといっても過度に摂取すれば
体になんらかの悪影響は出てきます。
1日の摂取量をきちんと守って健康な体づくりをしましょう!

 

栄養がギュ!っと凝縮した大麦若葉の5つの効果とは!?

 

 

妊婦