妊婦が食べてはいけない注意するべき食べ物とは!?

2014y08m26d_234921600

 

妊婦さんは、栄養バランスをしっかりと考えて必要な栄養を摂取しなくてはなりません。ですが、何が良くて何が悪いのかと聞かれると、どうなんだろうと疑問に思う事も多いと思います。今回は、妊婦が食べてはいけない注意すべき食べ物について見ていきましょう。

妊婦さんが摂ると危険な食べ物って何がある?
妊婦になると摂取するのに気を付けなくてはならない食べ物がいくつかあります。どのような食べ物に注意すべきか知っておくことは、健康で元気な赤ちゃんを産むためにはとても大切な事です。
生の肉や魚
生の状態だと、ウイルスなどがいた場合食中毒になる恐れがあります。妊娠中は、免疫力が低下しているので、もしウイルスがいた場合感染しやすくなります。なので、しっかり火を通しウイルスを死滅させた状態で食べるようにしましょう。
生卵
こちらも肉や魚と同じく食中毒の恐れがあります。注意すべきは卵の殻でそこにサルモネラ菌が付着している場合がありそれが原因で下痢や吐き気、熱などがでる場合があります。直接胎児に影響がある訳ではないですが、下痢や腹痛などで子宮が収縮してしまうと流産などの危険があるので気を付けなくてはいけません。
チーズ
チーズには、リステリア菌という細菌が存在しており、妊婦さんは普通の人と比べ20倍近く感染しやすくなるそうです。こちらの菌は、妊婦さんが感染すると胎盤を通じて赤ちゃんにも感染するとても怖い菌です。早産や死産などの原因となるので妊娠中はチーズの摂取は控えましょう。

このように、普段当たり前のように食べているものでも、妊娠中は食べてしまうと菌に感染し自分の体や胎児に影響を与えてしまいます。しっかりと気を付けて食事をするようにしてくださいね。

妊婦

大麦若葉を摂るとお腹がゆるくなるのは何故?

2014y08m26d_234624646

 

青汁に含まれている大麦若葉には、食物繊維などのお通じに効果的な成分が多く入っています。しかし、摂取の仕方を間違えてしまうと、下痢のような症状を起こしやすくなる場合があります。うまく取り入れて日々の健康のサポートに活用したいものですね。今回は、大麦若葉でお腹が緩くなる原因について見ていこうと思います。

大麦若葉でお通じが良くなる理由
大麦若葉には、排便を促す食物繊維が豊富に含まれています。日々の栄養不足解消はもちろん、便秘気味という方にもオススメです。食物繊維を一日に必要な分摂取するには野菜や食べ物から摂取するのは難しいものです。
そんな時に役立つのが、大麦若葉の成分が入った青汁です。しかし、摂取のしすぎは禁物です。

摂取のしすぎは下痢の原因となる場合も
いくら体に良いものと言っても、過剰摂取はいけません。過剰摂取してしまうと、お腹が緩くなり下痢のような症状を起こす場合があります。なので、大麦若葉を始め健康食品などを摂取する場合は適度に摂取するよう心がけてください。
大麦若葉などは青汁として摂取することが多いので、食事の時にコップ一杯分程度飲むくらいがちょうどいいと思います。
飲み過ぎると、腸内が今まで以上に活発に活動するのでそれが原因でお腹が緩くなってしまうという訳です。なので、大麦若葉を摂取するときは、一日分の量を考えて飲んで下さいね。どんなに健康にいいものも過剰摂取は体に毒という事をしっかり覚えておいてください。

今回は、大麦若葉とお腹が緩くなる原因についてまとめました。体に良いものも多く摂取するのではなく一日の適量を守って毎日摂取していくことが大切なのです。

効果

大麦若葉は利尿作用があるので腎臓が悪い人は注意!

2014y08m26d_234403928

2014y08m26d_234403928

大麦若葉は、栄養豊富で青汁の原料などによく使用されていますが
利尿効果がありナトリウムの摂り過ぎなどで肝臓に負担をかけている方にオススメです。
一方で、腎臓には負担になる場合があるので今回は、大麦若葉と利尿作用の関係、利尿作用と腎臓の関係について紹介していきます。

大麦若葉にはなんで利尿作用があるの?

2015y03m27d_234114454

大麦若葉には、利尿作用を促すカリウムが豊富に含まれています。
そのため、大麦若葉の入った青汁などを飲むと、尿から毒素を排出してくれます。

特に高血圧の人におすすめとされていて
体の余分な塩分を外に出す働きがあるので大麦若葉を摂取することはとても良いのです。また、利尿効果があるので水分補給は忘れないようにしましょう!

大麦若葉は腎臓が悪い人は飲まないで!

2015y03m27d_234345395

上記で言っている通り、大麦若葉には利尿作用を促す効果がありましが
尿は腎臓で作られており、その機能が低下したり病気に侵されていたりすると尿がうまく作られない場合があります。

そのような状態で利尿作用のある大麦若葉を摂取してしまうと腎臓に大きな負担がかかる場合があります。
なので、大麦若葉をはじめ利尿作用を促すカリウムが豊富に含まれたものを摂取する場合は、腎臓の状態が健康な時に行いましょう。

 

 

青汁は妊婦が飲むと危険があるの?

2014y08m26d_233808385

 

妊婦さんは体調にとても注意が必要です。体調を崩してしまうと、自分だけでなく胎児にも影響を与えてしまう恐れがあるからです。体調を崩さないためにも、健康的な体で居たいものです。そのためには一日に必要な栄養素をしっかりと補給したいと思う方も多いと思います。そんな妊婦さんにも飲めて手軽に栄養補給ができるものに青汁があります。今回は、この青汁について詳しく見ていこうと思います。

妊婦さんは青汁を飲んでも大丈夫?
妊婦さんは、体調を崩さないためにしっかりとした栄養補給が必要です。しかし、食べ物だけで一日分の必要量を摂取と言ってもかなり大変なものです。しかし、そんな時に役立つ飲み物があります。それが青汁です。青汁には、野菜の成分がギュッと詰まっておりビタミンやミネラルなどがしかり補給できます。薬などは使われていないので身体に害が出ることもありません。なので妊婦さんが飲んでも問題はありません。

飲むタイミングは「健康なとき」から
野菜の栄養は、私たちの体を丈夫にしてくれる成分も多く含まれています。なので、健康状態を整え元気を維持するのにとても役立ちます。飲むタイミングも、風邪気味なときより健康なときから摂取することで、体調を崩しにくくなります。なので、青汁で栄養補給を考えている方は、健康なときから摂取を始めるのがオススメです。
大丈夫かな?と心配に思う方は担当のお医者さんに相談してみるのもいいと思いますよ。

健康だからと言って飲み過ぎは危険?
体調もいいしこれなら何杯でも飲めそう、そう思ってもたくさん飲み過ぎてはいけません。摂取のしすぎはお腹を緩くする原因となり下痢のようになる危険があります。なので、青汁だけで栄養補給を考えるのではなく、いつもの食事+青汁と言った感じで、不足を補う程度に飲むのがオススメです。体に良いものも取りすぎると体に毒となる場合もあるので気を付けてくださいね。

このように、青汁は健康なときから摂取し、食事の補助として適度に取り入れることが健康維持と栄養不足の対策に効果的です。

 

妊婦