大麦若葉を摂るとお腹がゆるくなるのは何故?

2014y08m26d_234624646

 

青汁に含まれている大麦若葉には、食物繊維などのお通じに効果的な成分が多く入っています。しかし、摂取の仕方を間違えてしまうと、下痢のような症状を起こしやすくなる場合があります。うまく取り入れて日々の健康のサポートに活用したいものですね。今回は、大麦若葉でお腹が緩くなる原因について見ていこうと思います。

大麦若葉でお通じが良くなる理由
大麦若葉には、排便を促す食物繊維が豊富に含まれています。日々の栄養不足解消はもちろん、便秘気味という方にもオススメです。食物繊維を一日に必要な分摂取するには野菜や食べ物から摂取するのは難しいものです。
そんな時に役立つのが、大麦若葉の成分が入った青汁です。しかし、摂取のしすぎは禁物です。

摂取のしすぎは下痢の原因となる場合も
いくら体に良いものと言っても、過剰摂取はいけません。過剰摂取してしまうと、お腹が緩くなり下痢のような症状を起こす場合があります。なので、大麦若葉を始め健康食品などを摂取する場合は適度に摂取するよう心がけてください。
大麦若葉などは青汁として摂取することが多いので、食事の時にコップ一杯分程度飲むくらいがちょうどいいと思います。
飲み過ぎると、腸内が今まで以上に活発に活動するのでそれが原因でお腹が緩くなってしまうという訳です。なので、大麦若葉を摂取するときは、一日分の量を考えて飲んで下さいね。どんなに健康にいいものも過剰摂取は体に毒という事をしっかり覚えておいてください。

今回は、大麦若葉とお腹が緩くなる原因についてまとめました。体に良いものも多く摂取するのではなく一日の適量を守って毎日摂取していくことが大切なのです。

2014年8月26日 コメントは受け付けていません。 効果