妊婦が食べてはいけない注意するべき食べ物とは!?

2014y08m26d_234921600

 

妊婦さんは、栄養バランスをしっかりと考えて必要な栄養を摂取しなくてはなりません。ですが、何が良くて何が悪いのかと聞かれると、どうなんだろうと疑問に思う事も多いと思います。今回は、妊婦が食べてはいけない注意すべき食べ物について見ていきましょう。

妊婦さんが摂ると危険な食べ物って何がある?
妊婦になると摂取するのに気を付けなくてはならない食べ物がいくつかあります。どのような食べ物に注意すべきか知っておくことは、健康で元気な赤ちゃんを産むためにはとても大切な事です。
生の肉や魚
生の状態だと、ウイルスなどがいた場合食中毒になる恐れがあります。妊娠中は、免疫力が低下しているので、もしウイルスがいた場合感染しやすくなります。なので、しっかり火を通しウイルスを死滅させた状態で食べるようにしましょう。
生卵
こちらも肉や魚と同じく食中毒の恐れがあります。注意すべきは卵の殻でそこにサルモネラ菌が付着している場合がありそれが原因で下痢や吐き気、熱などがでる場合があります。直接胎児に影響がある訳ではないですが、下痢や腹痛などで子宮が収縮してしまうと流産などの危険があるので気を付けなくてはいけません。
チーズ
チーズには、リステリア菌という細菌が存在しており、妊婦さんは普通の人と比べ20倍近く感染しやすくなるそうです。こちらの菌は、妊婦さんが感染すると胎盤を通じて赤ちゃんにも感染するとても怖い菌です。早産や死産などの原因となるので妊娠中はチーズの摂取は控えましょう。

このように、普段当たり前のように食べているものでも、妊娠中は食べてしまうと菌に感染し自分の体や胎児に影響を与えてしまいます。しっかりと気を付けて食事をするようにしてくださいね。

2014年8月26日 コメントは受け付けていません。 妊婦